摂取量目安

大豆イソフラボンの摂取量目安

私たちは人間だからこそ、健康に気を遣います。
健康に気を遣うからこそ、良い食事を摂ろうと心がけます。
それは昔から同じで、多忙の中を生活している現代人であれ変わりはありません。
しかし、どんな良いとされている食べものでも過ぎると太り、健康にも良くないのと同じように、健康を促進させるのに効果的と言われている大豆であっても、摂りすぎるのはよくないでしょう。

なぜ大豆かというと、大豆イソフラボンが世の中に広く知られ、健康や美容などにも良いことが明らかになり、注目度が高くなっているからです。
では、大豆イソフラボンの、一日の摂取目安はどれくらいなのでしょうか。
http://www.southersalazar.net/iso.htmlにもかいてありますが、だいたい「70~75g」といわれています。
大体一日で50g~70gの摂取がちょうど良いとされ、それより多すぎても逆効果なのです。

大豆イソフラボンは主に納豆や豆腐、味噌などの大豆製品に多く含まれます。
日本食の代表とされているものにはより多く含まれていることがわかります。
しかし、大豆イソフラボンを効果的に摂取したい場合には、サプリメント等での摂取が良いとされています。
ですが、さきほどの摂取量の話からも分かるように、サプリメントで大豆イソフラボンを過剰に摂取しないように気を付ける必要があります。
イソフラボンはバストアップ効果もあるということでhttp://www.notrock.com/i8.htmlで紹介されているクリームにも含まれています。
また、配合ローションを使うことでムダ毛の抑制効果も期待できるそうです。
詳しくはhttp://photo.qpd.jp/Body.htmlにかいてあります。

このページの先頭へ