摂取量目安

イソフラボンの効率的な摂り方って?

からだに「良い」ものをどれだけ食べれば、本当に健康に「良い」のか。
食生活を送る上で難しい点でもあります。
もちろん食べ過ぎるのも健康によくありませんし、体に必要なものを摂らないでいるのも健康によくありません。
何事もバランス、というのは食事にも当てはまります。

健康食品として人々に愛されてきた大豆は、納豆、豆腐、味噌、豆乳に形を変えて多くの人に好まれています。
大豆に含まれている大豆イソフラボンには美肌や豊胸、骨粗しょう症などの予防、動脈硬化など生活習慣病の予防等の効果があります。
まさに、万能食品と言えるでしょう。

だからと言って、冒頭に述べたように食べ過ぎても良いことはありません。
大豆食品の過剰摂取は健康に害を及ぼすとの報告もされています。

大豆の一日摂取量目安は、だいたい「75g」までとされています。
75gというと、納豆2パック位です。
サプリメントの場合の上限摂取量はhttp://www.haringspridecatfish.com/40_50.htmlに載っています。

大豆イソフラボンの過剰摂取は、月経周期の乱れや女性ホルモンに影響を及ぼすとされています。
効率よく、一定量を摂取するために、一日にどれだけ大豆を含んだ食品を食べているか、計算してみると良いでしょう。
サプリメントも効率よくイソフラボンを摂取できる方法の一つですが、大豆食品の目安より半分ぐらいを考えて使用しましょう。


このページの先頭へ