摂取量目安

不妊に有効な大豆イソフラボン

この医療が発展し続けている現代においても、女性を悩ませ続けている「不妊」、子どもを持ちたいという純粋な願いを抱くからこそ、この不妊は深刻な問題です。
そもそも不妊の原因には、排卵因子、卵管因子、男性不因子の三つが主に関係しているとされています。
またそれらには、月経周期の乱れ、感染症が関係しています。
不妊症になってしまう原因は様々あるのです。

女性であれば、不妊になってしまうことをできるだけ避けたい、と願うのは当然のことですが、日常生活で不妊にならないよう対策を行うことができるのでしょうか。
その不妊を予防するのに効果的だとされているのが、「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボンとは、納豆や豆腐、味噌などの大豆食品に多く含まれ、女性ホルモンであるエストロゲンを補う働きをするものです。
エストロゲンは年齢により少なくなりますが、それを補う働きがあるのです。

また、ホルモンバランスを整え、受精卵の着床に一役買うはたらきがあります。
アグリコン型と呼ばれる大豆イソフラボンには、着床に必要な体内物質が多く分泌されるのを助ける働きもあります。
実際、不妊患者に対して大豆イソフラボンを用いた実験を行ったところ、妊娠が確認されたという研究成果もあります。
健康にも美容にも良い成分として注目されているイソフラボンですが、過剰摂取による副作用が問題になっているようです。
http://www.moderate.jp/hukusayou.htmlにどのような副作用が起きているのかかかれていますのでご覧ください。

このページの先頭へ