摂取量目安

ホルモンバランスを整える大豆イソフラボン

健康を促進するための食品はいろいろありますが、その中でも数々の効能があることで知られている、大豆イソフラボンがあります。
大豆イソフラボンは、納豆や豆腐などの大豆食品に多く含まれます。
日本人は大豆をよく食べるので、他国より骨粗しょう症や乳がんの発生率が低いとも言われています。
まさに、日本人の生活に欠かせない食材となっているのです。

イソフラボンは、エストロゲンという女性ホルモンと似た作用をもたらします。
このエストロゲンは、ホルモンバランスに大きく関係します。
加齢などの要因に伴い減ってしまったエストロゲンを、大豆イソフラボンは補う働きがあるのです。
また、逆にホルモンの過剰分泌を抑える働きもあります。
このようにホルモンバランスを整えてくれるのです。http://www.kutaways.com/01.html

それにより、美白や肌の保湿、豊胸、生理不順などの改善にも効果的とされています。
また、中高年の女性の多くが悩んでいる更年期障害にも役立つとhttp://www.infomercialratings.com/nen.htmlにかいてあります。

最近は食の欧米化により大豆を摂る機会が減ってしまっているかもしれませんが、さまざまな食品と組み合わせてバランスよく大豆イソフラボンを摂ることが大切です。
イソフラボンがたっぷり摂れるお菓子のレシピがhttp://www.maxim-energy.com/07daizu.htmlにあります。
和食から摂ることが理想的ですが、おいしいお菓子から自然と摂れるのも嬉しいことですね。
ちなみに大豆イソフラボンは、ホルモンバランスを整えるだけでなく、脱毛や抑毛、不妊症や更年期障害などにも効果があるとされています。
みなさんもイソフラボンで乳がん予防をしましょう。


このページの先頭へ