摂取量目安

イソフラボンに含まれる栄養と成分

大豆は、古くから日本人に愛されてきた食品です。
納豆や豆腐でおなじみであり、たくさんの大豆を使った食事が生み出され、豆乳などの加工食品なども数多く登場しました。

大豆が昔から健康食品として扱われてきたのは誰もが知っていることですが、科学的にも「大豆イソフラボン」という成分が、健康を促進させるのに有用とされてきました。
まずイソフラボンが何かというと、ポリフェノールの一種で、女性ホルモン(エストロゲン・発情ホルモンともいう)と似た作用を持ちます。
そのエストロゲンはとても大事なもので、ホルモンバランスを整える働きがあるのですが、加齢などの要因に伴い、エストロゲンが不足すると様々な弊害をもたらします。

大豆イソフラボンと言っても大きく二つの型に分けられます。
一つが、身近な大豆食品に含まれる、グリコシド型イソフラボンで、もう一つが、より体内に吸収しやすい、アグリコン型イソフラボンです。

大豆をうまくバランスよく摂取することは簡単ではありませんが、肉中心の生活よりも、普段から納豆http://www.fazztraceteam.com/nextutou.htmlや豆腐をとりいれることによって摂取することができます。
そのほかに豆乳も大豆を摂りやすい飲料の一つでしょう。
日々の食生活で大豆を取り入れ、普段からバランスの良い食事を行うよう心掛けることが大切です。
http://galgame.jp/koukatekina.htmlには効果的な摂り方が紹介されています。
是非、参考にしてください。
サプリメントから摂ろうと考えている方は、http://www.rosedonbermuda.com/rank.htmlにランキングサイトがありますので参考にすると良いでしょう。


このページの先頭へ