摂取量目安

イソフラボンで美肌美白

大豆は、日本人が昔から好んで食べている食材の一つです。
納豆や豆腐は体に良いとされ、それらを使った多くの料理も発案されました。
また、大豆は体に良いだけでなく、美肌にも効果があるとされています。
何故でしょうか。

イソフラボンには、エストロゲンという女性ホルモンに、似た作用をもつ色素成分を含んでいます。
イソフラボンが「植物由来のエストロゲン」と呼ばれているのはそのためです。
女性ホルモンを整える、エストロゲンを補う効果があるため、美肌・美白、保湿などの効果が期待できるのです。

大豆イソフラボンは、納豆や豆腐、味噌などの大豆食品を食べることによって摂取することができます。
実際日本食が良いとされているのはこういったわけがあるのです。
一つの食品から大豆イソフラボンを多く摂取することは難しいので、いろいろな食材を組み合わせてバランスよく食べる方法が良いでしょう。

ちなみに、そういった大豆食品から摂取できるイソフラボンの多くが、
「グリコシド型」http://www.indieking.com/gurikosido.htmlというもので、
分解が遅く吸収の効率は良くありません。

それに対し、サプリメントなどから摂取できるのが、「アグリコン型」です。
こちらの方は糖が少なく、吸収されやすいのです。
グリコシド型とアグリコン型の違いとそれぞれの特徴はhttp://www.cellblockmail.com/glycoside.htmlに詳しく載っています。
より美容に気を遣うのであれば、イソフラボンを使ったサプリメントを摂取するのも良いでしょう。
サプリメントでイソフラボンを取り入れるときの注意点がhttp://www.civilitasresearch.com/sapuri.htmlに載っています。
こちらの注意点をしっかりと読んでから摂りましょう。
みなさんもイソフラボンで美活生活始めてみませんか。

このページの先頭へ