摂取量目安

イソフラボンでコレステロールを下げよう

大豆イソフラボンは、もっとも注目されている成分の一つと言っても過言ではありません。
女性が気になる美肌や美白だけでなく、骨粗しょう症の予防や生活習慣病の改善などの、健康を促進する効果もあるとされています。
日本人は昔から納豆や豆腐など、主に和食といわれているものを好んで食べる傾向にあるので、日本人に骨粗しょう症や、乳がんなどの発生率が低いとされているのは、この大豆イソフラボンが関係しているとまで言われています。

また、イソフラボンには、コレステロールを低下させる働きがあると言われています。
コレステロールが高いと、動脈硬化などの命に係わる心疾患を招く可能性があります。
多くは、生活習慣の改善や運動を定期的に行うことが効果的とされています。
大豆イソフラボンにも、血中脂質の改善に効果があるとされており、ダイエットにも効果があるようです。

まだ大豆イソフラボンは、その全容が解明されているわけではなく、効果に個人差があることは否めませんが、大豆イソフラボン中性脂肪の減少や血圧を安定させ、血中アルコールを下げる働きがあります。
食の欧米化により、大豆などを食べる機会が減ってしまう現代ですが、意識的に大豆を摂ることは大切です。

このページの先頭へ